Research Institute for Radiation Biology and Medicine
ごあいさつ
Message

 当研究所は、原爆被爆者の医療と原爆症の学理の解明を目的として、昭和36年に附置研究所として設立されました。以来半世紀にわたり放射線人体影響に関する基礎研究から臨床展開まで世界をリードする研究成果を挙げてきました。

 平成23年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故では、低線量・低線量率放射線被ばくの人体に対する健康リスク評価の不確かさが大きな問題となりました。この課題を解決するために、当研究所は、低線量放射線影響先端研究プログラムを開始して、放射線を高感度に検出する大型先端機器と研究手法を導入し、これらを駆使した基礎研究を展開してきております。

 原子力規制庁は、新しい原子力災害医療体制として、従来の三次被ばく医療機関に代わり、「高度被ばく医療支援センター」と「原子力災害医療・総合支援センター」を昨年設置し、広島大学は原子力規制委員会によりこれらのセンターに指定されました。当研究所はこの事業を担う中心部局として、実効性のある原子力災害医療の充実と強化に取り組んで参ります。

 福島原発事故のような放射線災害では、従来の放射線の人体影響に関する学術だけではなく、被災地におけるフィールドワークやリスク制御までを含めた学際融合的な共同研究が必要です。当研究所は、6年間の「放射線影響・医科学研究拠点」の実績を基礎とし、フィールドワークで多年の実績を有する長崎大学原爆後障害医療研究所と、福島復興の中心的存在である福島県立医科大学ふくしま国際医療科学センターとの3大学で、ネットワーク型共同利用・共同研究拠点「放射線災害・医科学研究拠点」を昨年5月に文部科学省に共同申請し、平成28年4月に設置されることになりました(平成28〜33年度)。今回の拠点設置により、当研究所は3大学の中核機関として、放射線災害・医科学研究の学術基盤を確立するとともに、その成果の国際社会への発信、人材育成を図っていきます。

 放射線医科学は、時代の再先端をゆく学問領域の1つです。その世界的拠点として当研究所をますます発展させていく所存です。これまで以上のご指導とご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

所長 松浦伸也

このページの先頭へ
  • ごあいさつ-Greetings-
  • 研究所概要-Summary-
  • 組織構成-Organization-
  • 放射線災害・医科学研究拠点
  • 国際シンポジウム-Symposium-
  • 教員公募-Carrier Opportunities-
  • 出版・刊行物-Archives-
  • 関連リンク-Link-
  • 所内限定ページ
  • 広島大学ホームページへ
  • 原爆被爆者データベース-ABS-
  • 緊急被ばく医療推進センター